米Googleは携帯電話機向けソフトウエア基盤「Android」をリリースした。これにより,2010年にはモバイル市場の主要企業になろうとしており,モバイル戦略の準備も整ったようだ。「さまざまなデバイスに搭載して携帯電話キャリアへ販売できるソフトウエア・プラットフォームを端末メーカーに提供する」という戦略を見ると,同社の手本は明らかに米Microsoft,フィンランドNokia,カナダResearch in Motion(RIM)である。ところが,同社はひそかに別の計画を練っていて,別のライバル企業を見据えているらしい。2009年第2週の週末に流れた報道が正しければ,Googleの狙いは1社しかない。その企業は米Appleだ。

 このうわさは,Googleの公式ブログに投稿された記事から始まった。それによると,同社の社員たちが名前の付いていないAndroid搭載モバイル・デバイスで「実験的なモバイル機能」のテストを行っているというのだ。Google副社長のMario Queiroz氏は,同社のモバイル関連ブログで「先ごろモバイル・ラボというコンセプトを思いついた。それは革新的なパートナ製ハードウエアとAndroid上で動くソフトウエアを組み合わせたデバイスであり,世界各地の社員に配布した。このデバイスを使えば,新たな技術を試験したり改良したりできる」と書いた(関連記事:Googleが独自のAndroid携帯端末,来年にも直販開始へ---米メディア報道)。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply











管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。