Tokyo, Dec 21, 2009 - (JCN Newswire) - 全日本空輸株式会社(TSE:9202)、日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 ダニエル・H・セイヤー)、ビットワレット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 眞鍋マリオ)の3社は、2010年1月1日(金)から、全国に設置されているコカ・コーラマルチマネー対応自動販売機にて、飲料を電子マネー「Edy」で購入する(*1)と、飲料1本につき1マイルが貯まるサービスを、“Edyマイルプラス(*2)提携サービス”として全国展開いたします。

本サービスは、2009年4月より沖縄県、10月より北海道で限定展開を実施してまいりました。
両エリアにおける好調な実績を受けて、この度全国に拡大いたします。従来のEdyマイルプラスと異なる新しい取り組みとして、飲料1本購入すると1マイルが貯まるサービスを実施し、より手軽にマイレージを貯めていただけるサービスを実現いたします。なお、自動販売機を活用したANAマイレージクラブのサービスは、現状、コカ・コーラの自動販売機のみとなるため、今後は3社協働で、利用者の多い空港などを利用したさまざまなプロモーションを実施し、利用促進に努めてまいります。 今後の活動にご期待ください。

http://www.ana.co.jp/amc/news/info_partner/2009_3/cocacola/

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply











管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。